運営事務所:司法書士かなこぎ事務所
〒184-0012 東京都小金井市中町四丁目13番12-303号
(対応エリア 小金井市、三鷹市、府中市、国分寺市、小平市、武蔵野市、西東京市を中心に東京都、埼玉県)

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜・日曜・祝日 10:00~16:00

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-14-6511

債務整理とは

「借金問題を解決したいけど、はじめてでよく分からない」そのように思われている方は少なくないと思います。

そこで、はじめて債務整理をする方に向けて「債務整理ってなに?」「種類や特徴は?」など、債務整理をするなら知っておきたい知識をまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

債務整理とは

債務整理とは、借金問題を解決するための手続きの総称です。

この債務整理には大きく分けると5つの種類があります。その5つとは任意整理・自己破産・個人再生・時効援用・過払金請求です。これらの5つの手続きを総称して債務整理と呼びます。

司法書士に相談すると、その方の借金の額や収入、支出、年齢などを考慮しながら、最適な手続きをこの中から選択してくれます。

次に、5つの債務整理手続きの基本や特徴などをご紹介します。

5つの債務整理の基本と特徴

任意整理、自己破産、個人再生、時効援用、過払金請求の5つの債務整理の基本的な情報や特徴は下記のとおりです。こちらを読めば債務整理の基本が分かります。

任意整理の基本と特徴

任意整理とは

任意整理(にんいせいり)とは、司法書士が債権者と直接、支払金額やその回数、利息について話し合い、支払いが可能な金額になるように交渉する手続きです。

他の債務整理と異なり裁判所が関与しないので、手続きが簡易で早く手続きが進むことが特徴です。

任意整理をすると、毎月の支払額が減ったり、いま支払っている利息をカットしてもらえるので、返済するごとに元金が減り、借金の完済の目処が立ちます。

任意整理の3つの特徴
  • 原則、利息がカット(無利息)されて元金を支払うことになる
  • 今ある借金が3~5年(36回~60回)の長期分割になる
  • 債権者との直接交渉なので手続きが早い(裁判所が関与しない)

自己破産の基本と特徴

自己破産とは

自己破産(じこはさん)とは、借金を支払う義務を免除する法的な手続きです。

自己破産が認められると、今ある借金を支払う必要がなくなり、いち早く借金生活から抜け出せます。そのような大きなメリットがある代わりに、手続きは厳格で裁判所に申し立てる必要があります。

また、全ての借金を清算する必要があるので、「この借金は対象にしない」などは選べません。

自己破産の3つの特徴
  • 借金を返済する必要が無くなる
  • 裁判所が関与するので手続きは厳格で時間が掛かる
  • すべての債権者を対象にする必要がある(ex.身内の借金だけそのまま支払うとかは出来ない)

個人再生の基本と特徴

個人再生とは

個人再生とは、借金を大幅に圧縮(5分の1または100万の多い方)して返済していく法的な手続きです。自己破産と異なり、借金は残りますが大幅な減額となります。

大きなメリットがある代わりに、手続きは厳格で裁判所に申し立てる必要があります。

マイホームなどの財産を残しながら利用できる債務整理の手続きです。

個人再生の3つの特徴
  • 借金を大幅に減額出来る
  • 裁判所が関与するので手続きは厳格で時間が掛かる
  • マイホームを残しながら借金を減額できる

時効援用の基本と特徴

時効援用とは

時効援用(じこうえんよう)とは、時効に掛かった借金について、支払義務がないことを債権者に伝える手続きです。

実は借金にも時効があります。 債権者が借金の請求を長期間放置していると、借金を請求する権利が時効に掛かり請求出来なくなります。この時効援用は債権者に伝える必要があります。

「忘れていた借金の請求が来た」という方は、時効援用が出来るかもしれません。 しかし、そのまま支払ってしまうと時効援用が出来なくなることもありますので、支払う前に時効の援用を検討するといいでしょう。

時効援用の3つの特徴
  • 借金にも時効がある
  • 時効援用には債権者にそのことを伝える必要がある
  • 少しでも返済すると時効援用が出来なくなる

過払金請求の基本と特徴

過払金請求とは

過払金請求(かばらいきんせいきゅう)とは、平成21年より以前に消費者金融やクレジットカードでキャッシングを利用していた方は、利息を余分に払い過ぎている場合があります。 この余分に払い過ぎた利息を取り戻すことを過払金請求と言います。

過払金請求をするとお金が返ってきたり、今ある借金が減額されることがあります。

過払金請求の3つの特徴
  • 平成21年より前のキャッシングは過払い金があるかもしれない
  • 過払金の請求でお金が返ってくることがある
  • 過払金の請求で借金が減額されることがある

任意整理、個人再生、自己破産の比較

ここまでの債務整理手続きの中で、よく似ている任意整理、個人再生、自己破産について下記でまとめました。

  任意整理 個人再生 自己破産
借金の返済 元金は支払う 1/5又は100万 支払なし
手続の早さ 早い 時間が掛かる 時間が掛かる
料金 約5万 約30万 約25万

ここまで債務整理の基本や特徴について、ご紹介してきました。

次に債務整理をした時のメリットやデメリットをご紹介していきます。

債務整理のメリット・デメリット

債務整理に共通するデメリットと、任意整理、自己破産、個人再生のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

こちらを読めば債務整理をするか、しないか判断の基準になります。

債務整理に共通するデメリット

債務整理で任意整理、自己破産、個人再生の内、どの手続きを選択したとしても共通するデメリットがあります。それは下記です。

新たな借り入れ、クレジットカード作成が出来ない

債務整理をすると5~7年間程度新たに消費者金融や銀行などから借り入れが出来なくなります。また、クレジットカードを作成することも難しくなります。

それは、信用情報機関に債務整理をしたことが登録されるからです。

このデメリットは、債務整理をしたこと以外に借金を延滞しても同じことが起こります。そのため、すでに借金を延滞している方は、信用情報機関に延滞の情報が登録されているので、このデメリットはすでに受けていることになります。

デメリットはメリットにもなる

債務整理のデメリットは考え方を変えるとメリットにもなります。

それは、新たな借り入れが出来ないので、借金生活から足を洗うきっかけになるのです。それにクレジットカードの作成が出来なくなるというデメリットは、欲しい物や必要な物は、毎月お金を貯めて現金で購入することになるので、お金を計画的に貯める習慣が身につきます。

もし、あなたが借金で苦しい思いをしているのであれば、デメリットをメリットとして受け止めることで、新たな生活のスタートのきっかけになると思います。

任意整理、個人再生、自己破産のメリット・デメリット比較

任意整理、自己破産、個人再生は手続きの方法が異なるので、メリット・デメリットが異なります。そこで分かりやすくメリット・デメリットを下記の表にまとめました。

  メリット デメリット
任意整理

・利息がカットされて元金の支払いになる

・36回~60回の長期分割になる

・手続きが早い

・費用が他の債務整理と比べ安い

・債務整理が必要な債権者を選べる

・大幅な借金減額にはならない

・債権者によっては長期の分割が出来ない

個人再生

・借金が大幅な減額になる

・自宅を残すことも出来る

・全ての債権者を対象にする必要がある

・裁判所が関与するので時間が掛かる

・手続き要件が厳格である

自己破産

・借金を払う必要が無くなる

・全ての債権者を対象にする必要がある

・裁判所が関与するので時間が掛かる

・手続き要件が厳格である

・高価な資産(自宅など)を残すことは出来ない

メリット・デメリットが分かったところで、次に債務整理手続きの流れをご紹介します。

お問合せから手続き開始までの流れ

お問合せからご依頼までの流れを3つのStepに分けてご紹介します。

お問合せ・ヒアリング

「債務整理を検討している」「債務整理について聞きたいことがある」という方は、0120-14-6511またはお問合せフォームからご連絡下さい。

電話は平日9:00~19:00土日祝日10:00~16:00まで受付、お問合せフォームは24時間受付けています。

ご連絡いただいたからといって、必ずしもご依頼いただく必要はありません。お気軽にお問合せください。

当事務所から借金の金額や債権者の数などの簡単な質問させていただきます。こちらからの質問にお答えいただければ大丈夫です。

また債務整理の料金、メリットデメリットなどもご説明させていただきます。

ご依頼

債務整理されることを決められましたら、当事務所の方で委任契約書に作成します。

契約内容をご説明しますので、納得されましたらご署名いただきます。

ご依頼者様には、運転免許証や保険証などの本人確認書類をご用意いただきます。

債務整理の手続き開始

契約書にご署名頂いたら、債務整理の手続きを開始致します。

債務整理の手続き開始とは当事務所から債権者へ「受任通知」を発送・通知することです。そうすることで、債権者からの督促や返済がストップします。

ここから当事務所と債権者の交渉などが始まります。

債務整理のよくある質問

債務整理についてよくある質問を下記でご紹介します。

相談は無料ですか?

はい、初回相談料は無料です。ご相談頂いて「必要が無い」と思えばそれで終了です。

相談方法は何がありますか?

電話相談、オンライン相談、来所相談があります。

債務整理がしたいのですが料金が一括で払えません。分割払いは出来ますか?

はい、債務整理費用は分割払い出来ます。ほとんどの方が分割で支払っています。

債務整理の料金の支払いと返済が重なると支払える自信がありません。どうすればいいですか?

司法書士に債務整理を依頼すると、債権者への支払いはストップします。その期間中に債務整理費用を積み立てて頂き、積み立てが終わったら債権者への返済がはじまります。支払いは重ならないので、ご安心ください。

家族に内緒で債務整理は出来ますか?

内緒に出来ますが、ご協力も必要です。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0120-14-6511
受付時間
平日 9:00~19:00
土曜・日曜・祝日 10:00~16:00

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-14-6511

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/01/04
本年度の債務整理の受付を開始しました
2020/12/01
年末年始の営業日を更新しました
2020/09/01
業務拡大により土日祝日の受付時間を伸長しました
住所

〒184-0012
東京都小金井市
中町四丁目13番12-303号

アクセス

JR武蔵小金井駅南口から徒歩5分
駐車場:近くにパーキングあり

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜・日曜・祝日 10:00~16:00

対応エリア

(業務エリア 小金井市、三鷹市、府中市、国分寺市、小平市、武蔵野市、西東京市を中心に東京都、埼玉県)